2016年09月27日

内陸部にも優良企業が

播州の内陸部。宍粟市だったり、佐用町だったり、姫路市北部(夢前町・安富町など)だったり。
有名なところでは、安富に「インシュロックタイ」(結束バンド)のヘラマンタイトンの工場があります。
内陸部で栄えているところでしたら、宍粟市の山崎町が中国自動車道のICがあることもあって存在感を示していますよね。

で、これらの会社が求人が、主にハローワークを通じて求人募集されていたりするので気になるところですが、ご覧になればわかるように要求スペックがかなり高いです。
正直、内陸部に留まっている人が、高度な仕事の出来る人はいないと思いますが(やっぱり、都心や「南側」へ流れがちになりますよね)、どうやって出来る人を採用してくるのか興味津々ですw
あと、その要求の厳しさ故なのか、派遣をすぐ切るところもあるようで、彼らはいつもヒヤヒヤしながら働くことを強いられるため、今では募集をかけても応募者が皆無、そんな状況でなかなか人が来ない、とも聞いています。

内陸部の企業は優秀な人が欲しい。でも優秀な人は内陸部でくすぶりたくは無い……
この困難はどうすれば解決できるのでしょうか。
posted by 管理人 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177535748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック